Pocket

 

産後にふと気になりだした白髪。白髪染めをしたいけれど、母乳への影響が気になってためらってしまう。授乳中っていつから染めていいのかしら。疑問に感じるお母さんも多いかも知れません。

赤ちゃんが生まれたいまは、きっと腕に抱いた小さな命をはぐくむことで頭がいっぱいになっていますよね。けれども女性としては白髪がある頭ではいたくないし、でも赤ちゃんになにか影響があったら嫌だし、、と揺れる気持ちがあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は産後に白髪染めはしていいのか、そしていつからだったら安心なのかを詳しくお伝えしていきます!どうか最後までお付き合い下さい。

 

産後の白髪染め、授乳中だと母乳へ影響するの?

 

産後の白髪染めで特に気になるのが授乳中の場合でしょう。母乳へ影響があるのか、それによっては染めるかどうかを考えてしまいますよね。

まず結論から言うと、現代の医学においては白髪染めは母乳に影響するという科学的な根拠は見つかっていません。

 

ただ、現代の医学においては科学的な根拠が見つかっていない、というだけであって、もしかしたら今後なにか影響するという根拠が見つかるかも、というように捉えることもできます。

これは個人的な意見になってしまいますが、やはり授乳中の白髪染めは十分に注意するに越したことはないでしょう。

 

なぜかというと、一般的な2剤をシャカシャカと混ぜ合わせるタイプの白髪染めには人体によくない化学物質がたくさん含まれているのです。

とくにアレルギーの原因になりやすい「ジアミン」という成分は毒性が強く、発がん性の恐れがあるとしてEU諸国では使用が禁止されているもの。

 

しかし日本人は黒髪のため黒く発色させる必要があり、この「ジアミン」成分がほとんどの白髪染めに使われているのが現状なんです。

おっぱいは母親の血液から作られています。もし頭皮に塗った白髪染めから有害な物質が浸透して血液に乗って全身に流れていったら、、その血液からできた母乳を赤ちゃんにあげることって、やはり抵抗がありませんか。

 

ママのおしゃれはもちろん大事です。しかし、赤ちゃんの飲むおっぱいの質はママでしかコントロールすることができないんです。

そんな毒性の強い薬品を頭にペタペタ塗っている、ということを認識することがまず大切なこと。大事な赤ちゃんの健康はママでないと守れない部分も大きいですから。

 

かといって、白髪が出たままの頭でいるのは気分がいいものではありませんから、どのように白髪を染めたり、隠したりすればいいのかを考える必要がありますよね。続いては、産後に白髪を染める方法について見ていきましょう。

 

☆こちらの記事も参考にチェックしてみて下さい☆

参考:授乳中の白髪染めは母乳に影響があるの?産後の白髪対策はどうしたら!?

 

産後の白髪染めはいつから、何を使ったらいいの?

 

では実際に白髪を染めたいと思ったときに、どうしたらいいのでしょうか。

先ほどお伝えしたように、授乳している場合は2剤式の白髪染めは刺激が強いですからおすすめできません。また、母乳で育てていないケースでも産後は体質が変わって肌が敏感になっていることも多いため、産後半年~1年くらいは使用を控えたほうが安心です。

 

では白髪を染められないのかというとそんなことはなくて、赤ちゃんにもお母さんの身体にも優しい方法がいくつかありますよ。

 

<ヘアマニキュア>

 

ヘアマニキュアは髪の毛の表面をコーティングすることによって、白髪を染める方法。頭皮につけずに根元ぎりぎりから髪の毛だけに薬剤をつけていきますので、身体への影響は非常に少ないです。

ただ髪の毛をコーティングしているだけなので、色持ちがあまりよくありません。2~4週間ほどすると色が取れていってしまいますので、こまめなメンテナンスが必要になってしまいます。

 

<ヘナ>

 

ヘナはインド地方で収穫される植物で、天然原料で染めるために頭皮や髪に負担がありません。ただ、「ジアミン」が含まれている商品も多く出回っていますから、信頼できるメーカーやお店でヘナ100%の製品を選ぶようにして下さい。

こちらは染める時間が1~2時間かかったりと非常に手間がかかります。色持ちもあまりよくないため、こまめに染めなおす必要があるでしょう。しかし頭皮のデトックス効果があったり、ヘナの色素が髪のダメージ部分に吸着するため使い続けていくとサラサラの髪に変化します。

 

身体への優しさはピカイチですから、産後はなかなか時間が取れずに難しいという場合でも、髪に塗布したまま家事をしたりと工夫してみてはいかがでしょうか。

 

<カラートリートメント>

 

個人的に一番のおすすめは無添加のカラートリートメント。「ジアミン」が含まれていませんから頭皮にも身体に優しく、白髪が気になったタイミングで連続して何度でも使用することができます。

徐々に色が付いてくるタイプなので、お風呂のついでにちょこちょこと使用していくと便利ですよ。

まとめ

 

今回は産後の白髪染めと母乳への影響について見ていきました。

母乳への影響については科学的な根拠はいまのところありませんが、気になるのであればやはり避けた方がいいでしょう。

 

その代わりに赤ちゃんにもお母さんの身体にも優しい方法で白髪を染めて、気持ちよく過ごしていきましょう。お母さんの元気が赤ちゃんにとっては1番の栄養です。

育児もおしゃれも楽しんだもの勝ち!応援しています。

 

☆こちらの記事も参考にチェックしてみて下さい☆

参考:授乳中の白髪染めは母乳に影響があるの?産後の白髪対策はどうしたら!?

 

<ブログランキングに参加中>

もし少しでも参考になったら、
ポチっとクリックをお願いします!

 

にほんブログ村 美容ブログ 白髪・白髪染めへ
にほんブログ村

 


白髪予防・白髪染めランキング

 

 

Pocket