Pocket

 

白髪染めはどれくらいの頻度で行うのがいいのでしょうか。きれいに染めてもまたすぐに生えてくる白髪。鏡をみると根元が白くなっているのを発見してガクッとしてしまうこともあるでしょう。

生えてきたらまたすぐに染めてしまいたいけれど、手間もお金もかかるし、頭皮への負担も心配になりますよね。

 

これから長い間付き合っていくことになる白髪染め。いったい理想的な頻度とはどれくらいなのか、詳しくご紹介します。

白髪染めの頻度 20代・30代・40代・50代の年齢別では?

 

髪の毛は1日に0.3ミリ~0.4ミリほど伸びるので、1か月で1センチほど伸びることになります。白髪の分量によっても目立ち始める期間が変わってきますが、一番に考えたいのは「頭皮を守る」ということ。

 

ケミカルな白髪染めでは頭皮や髪の毛への負担が大きく、頻繁に染めると頭皮のかぶれやアレルギーの原因になってしまうことも考えられます。

全体染めと部分染め(伸びてきたところだけを染めなおす)をうまく組み合わせて頭皮や髪へのダメージを最小限に抑えたいものです。

白髪染めの頻度 年齢別のおすすめ

白髪染めの頻度の理想はずばり、2~3か月に1度の全体染め、伸びてきた部分のリタッチは1か月ごとです。

白髪の分量が増えると少し伸びてきただけで目立つので染めたくなりますが、頭皮のことを考えると1か月は間隔を開けて下さい。

 

年代によってこれから白髪染めをする期間も白髪の分量も変わってきますので、年齢別に詳しく見ていきましょう。

20代の場合

この年代でも若白髪で悩む人は少なくありません。白髪の分量はまだ少ないケースが多いでしょう。

これから白髪染めをし続ける期間が長いことを考えると頻繁に染めることはオススメできませんので、2~3か月の間隔を保った方がよいです。

 

まだ白髪の量が少ない場合は、より髪の毛への負担が少ないヘアカラーで明るくして目立たなくさせる方法もあります。

「ハイライト」といって、髪の毛に筋状にカラーを入れるとより白髪が目立たなく見えるので、美容師さんと相談して取り入れてみるのもいいですね。

 

30代の場合

白髪が出てくることが増える年代で、白髪染めデビューする人も多くいるでしょう。とはいってもまだ若い時期からの頻繁な白髪染めは頭皮によくありませんので、2か月は間隔を開けたいものです。

全体染めと部分染めをうまく組み合わせていくといいですよ。

 

40代の場合

白髪に関する悩みが最も多くなる年代。白髪はますます増えて髪全体に広がっていきます。白髪染めの頻度は1~2か月ごとに1回程度をおすすめします。

白髪の分量が増えてくるとすぐに目立つようになりますので、全体染めをするまでにリタッチを行って頭皮への負担を減らしましょう。

 

50代の場合

この年代になると放っておくと髪全体が白くなってくることもあり、染めることを選んだ場合はこまめなメンテナンスが必要です。

いくら伸びてきた根元が気になったとしても、1か月は間隔を開けた方がいいでしょう。

白髪染めの種類 色持ちと頭皮への負担

 

白髪染めの種類によっても、染まる期間と頭皮への負担が変わってきます。それぞれ見ていきましょう。

 

<白髪染めカラー>

一般的に白髪染めといえば、市販のものでも、美容院で染める場合でもこのヘアカラーのことを指すことが多いでしょう。髪の毛の内部にまで色素が入り込むため染色の持続期間は長く、2~3か月は色がキープできます。

しかし問題は頭皮への負担が大きいことで、白髪が伸びてきたからといって頻繁に染めることはおすすめできません。

 

<ヘアマニキュア>

髪の毛をコーティングしているだけなので2~4週間で色落ちしてしまいます。一方で頭皮から浮かして根元ぎりぎりから染色するため、頭皮への影響はほとんどありません。

 

<ヘナ>

色持ちは2~3週間と長持ちしませんが、植物の天然成分で染めるため頭皮への影響はありません。使い続けるとトリートメント効果で髪の毛がつややかになります。

 

<カラートリートメント>

色持ちはよくなくて週に何度かの使用が必要ですが、自宅で手軽に利用可能。

無添加の商品を選べば頭皮への影響はなく、根元が気になり始めたタイミングで何度でも利用することができます。

頭皮が弱い方へ、白髪染めの種類と頻度のおすすめは?

もしケミカルな白髪染めにアレルギーがある場合や手間がかかっても頭皮を大切にしたいという場合は、ヘアマニキュアヘナカラートリートメントでこまめにメンテナンスをすれば安心です。

アレルギーがない場合でも個人的には2~3か月に1度の白髪染めカラー。そしてその期間に伸びてきた白髪は自宅でカラートリートメントでリタッチするという方法をおすすめします。

 

ヘアファンデーションやヘアスプレーなど、白髪隠しのアイテムも様々ありますので、そういったものも利用して、なるべく白髪染めの頻度を減らしてあげるように工夫してみて下さい。

まとめ

 

ある程度年齢がいって白髪が増えてくると、そこからは白髪と上手にお付き合いしていくことになります。

白髪染めはこのさき長い間繰り返すものですから、正しい頻度を守って頭皮の健康も大切にしたいもの。

頭皮にも優しく白髪を染めて、毎日笑顔で過ごしていきましょう!

 

 

<ブログランキングに参加中>

いつも応援ありがとうございます。
ポチっとクリックして頂けると励みになります!

 

にほんブログ村 美容ブログ 白髪・白髪染めへ
にほんブログ村

 


白髪予防・白髪染めランキング

 

Pocket