Pocket

 

このところ白髪が急に増えてきた!鏡を見てぎょっとしてしまうことがあるかも知れません。

 

思い当たるのはこのところのストレスが多い生活。

はたまたどこか病気なのかしら?それともただの歳!?

 

色々と心配になってしまいますが、白髪が急に増えてしまうにははっきりとした原因があるのはご存知でしたか?

今回は急に増えてしまった白髪の原因、そしてその対処法をご紹介していきます!

白髪が急に増える、3つの原因と対処法

 

白髪が急に増えるには3つの原因が考えられます。
どれが自分に当てはまるでしょうか。3つの原因とその対処法を順番に確認していきます。

原因①加齢による老化現象

誰しも避けて通ることができないのが、老化による原因。

人によって差がありますが、白髪が増え始める平均年齢は35歳くらいだと言われています。その後白髪は増えていき、50代半ばで全体のおよそ半分70代では髪全体が白髪になることが多いようです。

 

ではなぜ、老化によって白髪が増えてしまうのでしょうか。

そのカギを握っているのが「成長ホルモン」「女性ホルモン」です。

 

<成長ホルモン>

「成長ホルモン」というと「身長を伸ばすホルモン」としてよく知られているかも知れません。

しかしもう一つの大きな役割が「代謝を促す」という働き。

私たちが生活する中で体内でエネルギーを作ることは欠かせませんよね。成長ホルモンはその過程で大きな役割を果たしています。

 

そして新陳代謝を活発にするなかで、ダメージを受けた細胞や皮膚などを修復する役割もあるのです。これは当然、髪の毛の成長にも大きく関わっています。

 

しかし「成長ホルモン」の分泌は年齢を重ねるとともに減っていってしまうのです。思春期前に比べると30代、40代ではその半分、さらに60代では30%ほどに。

そのため、歳をとるとともに髪の毛の修復・再生がうまくいかずに白髪が増えてしまうことになります。

 

いかにこの「成長ホルモン」を分泌させるかが、髪の毛を若く維持するのに大切なポイントなのですね。

成長ホルモンを分泌させるには?

「成長ホルモン」が髪の毛にとって大切な役割を果たしていることが分かったと思いますが、どうしたら加齢とともに減っていくこのホルモンを分泌させることができるのでしょうか。

 

ずばりそれは「質のよい睡眠」です。

 

「成長ホルモン」の分泌は睡眠中にもっとも活発に。寝付いてすぐに訪れる熟睡時に1番多く分泌されて、それから3時間ほど続きます。

つまり寝付いてからの3時間が、髪の毛にとってとても大切だということです!

 

<女性ホルモン>

髪の毛にとってもうひとつポイントとなるのが「女性ホルモン」
「女性ホルモン」のエストロゲンには髪の毛の成長を促す働きがあります。

 

ただこの「女性ホルモン」も35歳くらいから徐々に減っていくため、歳とともに髪の毛の成長が衰えてしまうことに…

歳をとってから髪の毛にハリ・こしがなくなって細くなったり、抜け毛が増えてしまうことが多いのもこのためなのですね。

老化の予防のためにできることは?

 

上でも述べたように、「質の良い睡眠」は「成長ホルモン」の分泌にとって大切です。

ほかにも…

 

食生活の改善

コンビニやファーストフードのご飯ではなくて、バランスの取れた食事を心掛けましょう。特に抗酸化作用のある食べ物、野菜・果物・発酵食品などがおすすめです。

 

・アーモンド
・かぼちゃ
・にんじん
・アボカド
・味噌
・納豆 など。

 

毎日の食事に少しづつでいいので取り入れていきたいですね。

 

軽い運動

適度な運動をすることによって、肺・心臓・血管などの機能が高まり、身体の隅々にまで血液が行き渡るようになります。

頭皮は心臓から遠い場所にあるため、血行をよくすることによって栄養も届きやすくなるのです。

 

また、運動は「成長ホルモン」の分泌を促す作用もあるので、新陳代謝が活発になって老化を遅らせることができます。

原因②ストレス

 

ストレスは長い間、白髪の主な原因として考えられてきましたが、具体的なメカニズムが解明されていませんでした。

しかし最近いくつかの研究によって、なぜストレスが白髪の原因になるのか、そのメカニズムが解明されつつあります。

 

ここでのポイントは「活性酸素」

 

ストレスは体内の細胞を酸化させる「活性酸素」をたくさん生み出します。

この「活性酸素」は、髪の毛に色を付ける「メラノサイト」を破壊してしまうため、髪の毛に色を付けることができなくなって白髪が増えてしまうということなんです。

 

またストレスは交感神経を優位にして毛細血管を収縮させるため、頭皮にまで栄養が届きずらくなってしまうことにも。

ストレスの影響は白髪だけではなく、全身に影響してしまいます。なるべくストレス解消に努めて、規則正しい生活習慣を身に付けたいですね。

 

おすすめは散歩などの軽い運動や入浴。

血の巡りもよくなりますし、ストレス解消にもつながりますよ。

 

喫煙、紫外線、食品添加物の摂取などによっても「活性酸素」は増えてしまいますので、これらの要因を少しでも取り除いてさびない身体を目指しましょう!

原因③身体の不調や病気

いつも同じ場所に白髪が現れる場合、身体の不調や病気が隠れているかもしれません。

 

・生え際、こめかみ →眼精疲労、食生活の乱れ

・頭頂部 →消化不良、胃潰瘍などの胃の不調

・前頭部 →便秘、痔などの肛門の不調

・頭頂部右側 →むくみなどの肝臓の不調

・頭頂部左側 →肝臓の不調

・つむじ →心臓、肺の不調

・後頭部 →生理不順、不妊、精力減退などの生殖器の不調

・耳の周り →虫歯や歯槽膿漏など

・眉毛 →眼精疲労、表情筋の疲れ

・ひげ →毛細血管の機能低下

・アンダーヘア →冷え、血行不良

 

もし白髪の位置と身体の不調が上に当てはまる場合は、念のため病院で受診されることをおすすめします。

まとめ

 

白髪が急に増えてしまうと、ぐっと老け込んでしまったように感じて落ち込んでしまうかも知れません。特に女性は白髪があるだけで気持ちが晴れないですよね。

しかし、ストレスが原因の白髪は、その原因を取り除いてあげれば再び黒髪が生えてくる可能性があります。老化は決して止められないものですが、少しでも遅らせることは可能です。

 

そのためにも生活習慣の改善が何よりも大切!

 

白髪だけでなく健康な身体のためにも、もう1度生活習慣を見直してみませんか。
そして毎日を笑顔で過ごしていきましょう^^

 

Pocket