Pocket

 

妊娠中はひとりだけの身体ではありませんから、お腹の赤ちゃんのことを考えると、白髪染めをしていいのか、白髪対策って一体どうしたらいいのか悩んでしまう妊婦さんもいることでしょう。

妊娠中だって白髪は伸びてきますし、身だしなみとしてはしっかり染めてキレイでいたいですよね。でも気になるのがお腹の赤ちゃんへの影響。

 

わたしも妊娠中ははじめてのことで分からないことだらけ、色々なことに少し神経質になってしまった時期がありました。

そんなときに知りたかったなと思う情報、妊娠中の白髪染め・白髪対策について今回はご紹介していきます。どうか最後までお付き合い下さい!

 

妊娠中の白髪染めは赤ちゃんに影響があるの?

 

まず1番気になるのが、妊娠中の白髪染めが赤ちゃんに影響するのかということでしょう。

結論をまず先にお伝えすると、妊娠中の白髪染めによる胎児への影響はないと言われています。現状では胎児への影響についての科学的根拠がないのですね。

 

病院の先生や美容師さんのなかにも、特に問題はないという意見もありますし、胎児への影響についてはそこまで神経質になることではなさそうです。

とはいえ、お母さんの身体はお腹の赤ちゃんとまさに繋がっていますから、少しでも不安がある場合は避けたほうがいいでしょう。染めた後にクヨクヨしてしまうのが1番よくありませんからね。

 

そして妊娠中は別の意味で白髪染めに注意が必要と言われています。それはなぜかというと、、

 

<ホルモンバランスの変化>

ホルモンバランスが大きく変化する時期で、妊娠前の身体とは体質もだいぶ変わって敏感になっています。そのためにいつもは大丈夫だった白髪染めにかぶれてしまったり、炎症を起こしたりということが考えられるのです。

 

<つわりで臭いがきつい>

また、妊娠中はつわりがある人も多いですよね。ただ生活するだけでも吐き気などがして大変な状況なのに、美容院独特のにおいや、カラーリング剤のツーンとしたにおいに耐えるのは過酷です、、

 

<お腹が大きくなることによる身体への負担>

安定期に入ってから臨月、出産に至るまでお腹はどんどん大きくなっていきます。美容院で白髪染めをしてもらおうと思ったら、かなり時間がかかってしまいますから、じっと座っているだけでも腰などへの負担が大きくなりますよね。

また、お腹が大きくなってくると横向きで寝るようになるものですが、シャンプー台では仰向けの体勢を取らなければならず体勢に無理が生じます。

 

このように妊娠中は体質・体形ともに変わってしまいますから、その点でも白髪染めをするときに注意が必要になるのですね。では、妊娠中に白髪を染めたり隠したい場合は一体どうしたらいいのでしょうか。

妊娠中の白髪染めはどうしたら?おすすめの白髪対策とは。

 

上でお伝えしたように、妊娠中に白髪染めをする際にはいくつかの注意が必要ですが、実際にどのようにすれば負担が少なくなるのでしょうか。

 

<美容院でプロにお任せする>

よくドラッグストアなどで売られている2剤式の白髪染めは、有害な化学物質がたくさん含まれています。また誰でも染められるようにより強い薬剤が使われているもの。

そのため、これをセルフでペタペタ塗るのは避けた方がいいでしょう。一般的な白髪染めをしたい場合は、美容院でプロにお願いしちゃいましょう。

 

その際、美容院では必ず妊娠中であることを伝えるようにして下さい。そうすればいつも以上に頭皮や身体に負担がないように心掛けてくれるはずです。

頭皮への刺激に関しては、薬剤の種類や強さを調整してくれますし、保護クリームを塗ったりなるべく頭皮に付けないで薬剤を塗布してくれます。妊娠中の体形を考慮してなるべく早く仕上げたり、シャンプー台での時間を手短にしたりということもあるでしょう。

 

とはいえ、美容院で染めるにしても薬剤には身体にはよくない化学物質がたくさん含まれているのが事実。もし可能であれば、次に挙げる方法で染められるとより安全・安心ですよ。

 

<ヘナ>

インド原産の天然原料の白髪染めで、ヘナ100%のものを選べば化学物質が入っていないので頭皮への負担がありません。

しかし独特の香りがするので、つわりがある時期は受け付けないかも知れません。また身体を冷やす作用があるため、自宅で染める場合はヘナを温めたり足湯をするなど工夫をしてみて下さい。

 

<ヘアマニキュア>

一般的な白髪染めは髪の毛の中に薬剤を浸透させていきますが、ヘアマニキュアは髪の毛をコーティングして白髪を染めます。薬剤を髪の毛の根元ギリギリから塗っていくので、頭皮への負担がほとんどありません。

しかしシャンプーをするたびにコーティングが取れていくため色持ちが2~4週間ほどと、こまめなメンテナンスが必要です。

 

<無添加のカラートリートメント>

自宅で手軽に利用できるのがカラートリートメント。様々な商品が出回っていますが、無添加のものを選ぶようにして下さい。化学物質が入っていないので頭皮や身体に優しく染めることができますよ。

白髪が気になったタイミングで何度でも使うことができるので、白髪染めのリタッチとして使うのもおすすめです。

まとめ

 

妊娠中はどんどん身体が変化していくので、嬉しい反面気持ちが不安定になってしまうこともあるでしょう。しかし赤ちゃんが来てくれるのって、本当に奇跡みたいなこと。

だから、その赤ちゃんがいる自分の身体を大切にしてあげて下さいね。赤ちゃんにもママの身体にも優しい方法で白髪を染めてあげると、キレイになって気分もよくなりますよ。もちろん無理はしないで、体調がいいときを選んで染めるようにしましょうね。

 

ママが楽しくいることが赤ちゃんにとってなにより大事!どうか笑顔で毎日を過ごして下さいね^^

 

<ブログランキングに参加中>

もし少しでも参考になったら
ポチっとクリックして頂けると嬉しいです!

 

にほんブログ村 美容ブログ 白髪・白髪染めへ
にほんブログ村

 


白髪予防・白髪染めランキング

 

 

Pocket