Pocket

 

鏡をみたら分け目に白髪を発見!

数本だし、目立つから抜いちゃおうかなっなんて考えている、あなた。

 

気持ちはとっても分かりますが、その行為はNG。将来、その部分が薄くなってしまって後悔するかも知れませんよ。

 

今回は白髪を抜くことについて、詳しく見ていきましょう!

白髪を抜くとはげて薄毛の危険あり

 

白髪を抜いているとはげてしまうってご存知でしたか?つい数本の白髪であれば、手軽さから抜いてしまいたくなりますよね。

しかし、それを続けていると、将来その部分から髪の毛が生えなくなってしまって薄毛に悩むことになってしまうかも。

 

どういうことか、もう少しお話しましょう。

同じ毛穴から白髪を何度も繰り返し抜くと・・・

ヘアサイクルという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

髪の毛は、「生えて→抜け落ちて→また生える」ということを繰り返しています。

 

<ヘアサイクルの流れ>

成長期→髪の毛が日々伸びて成長

退行期→活発な髪の毛の成長が終わって、毛球が縮小

休止期→髪の毛は生えているが、成長が止まっている

終期→髪の毛が抜ける。準備期間を経て、ふたたび成長期へ。

 

これが髪の毛にとって自然なサイクル。通常のヘアサイクルは女性で5~6年だと言われています。

しかしこのヘアサイクルを無視して毛穴から白髪を抜き続けるとどうなるかというと、なんと毛穴が縮小してきてしまうのです。

 

短いサイクルで脱毛を繰り返していると毛穴は完全に閉じてツルツルした状態に。まったく髪の毛が生えてこなくなってしまう可能性があります。

 

ですから、白髪を抜き続けることは要注意!やめて下さいね。

白髪を抜くと増えるというのは本当?

白髪に関する話しで、「白髪を抜くと増える」ということを1度は聞いたことがあるのではないでしょか。

 

結論から言うと、これはウソです。白髪は抜いても増えることはありません。

 

白髪になるのは髪の毛に色を付ける働きが機能しなくなっているからで、白髪を抜いたからと言って、白髪が増えることにはならないのです。

 

ただ、上でもお伝えしたように、白髪を抜くと毛穴周辺の皮膚や毛細血管に傷がついて、頭皮の炎症を引き起こすことがあります。また、髪の毛を作り出す毛母細胞がダメージを受けて髪の毛が生えてこなくなってしまうことも考えられます。

 

白髪を抜く代わりにどうしたらいいのか

 

では、白髪を抜く代わりにどうしたらよいのかというと・・・

ハサミで根元からカット

白髪が数本の場合は、頭皮を傷付けないように気を付けながら、根元から切ってしまいましょう。これであれば毛穴が痛むことはありません。

 

 <白髪を根元から切る方法>

①髪の毛の中から白髪を見つける

②その白髪を上に持ち上げる

③はさみを少し開いたまま持ち上げた白髪の根元まで下す

④はさみの刃に白髪をあてて、わずかにはさみを動かして閉じる

 

ここでのポイントは手順の④。

はさみを閉じるのは本当にわずかにして下さいね。

そうでないと、周辺の白髪でない髪の毛まで一緒に切ってしまうことになりますので、十分に気を付ける必要があります。

 

通常のはさみの代わりに眉切りばさみを使うと、細かな作業がしやすいですよ。

 

とはいえ後頭部などはなかなか自分で切るのが大変ですよね。その場合は手先が器用な友達や家族などに切ってもらうといいでしょう。

美容院によっては白髪を根元から切ってくれるところもありますよ。時間単位で10分いくら、などそういったサービスを上手に活用するのもおすすめです。

 

ロングヘアの場合は短い毛がピンピンと立って気になってしまうことがあるかも知れません。しかし、将来薄毛に悩むことを考えたら、抜くよりも切ってしまった方がずっといいのではないでしょうか。

白髪を染める

白髪の本数が増えてきたら、一本ずつ切っていくと大変です。髪の毛がなくなってしまいます。

その場合は白髪を染めてしまいましょう。

 

自宅で染める場合に注意が必要なのが、刺激の強い市販の白髪染め。

市販の白髪染めで1剤と2剤(ブリーチ)を混ぜ合わせる2剤式のものには、「過酸化水素水」という成分が入っています。

この「過酸化水素水」は髪の毛を黒く色付ける「メラノサイト」の働きを弱めてしまいます。つまり、白髪染めをすればするほど、白髪が増えてしまうという悪循環にはまってしまうことがあるのです。

 

 

自宅で染める場合におすすめなのが、無添加のカラートリートメント。

染めるのに少し手間がかかり、あまり長持ちしないのが欠点ですが、頭皮にやさしく美容院で染めるよりもずっと経済的なのは嬉しいポイントです。

 

いまはさまざまな商品が出ていますので、ぜひ自分に合ったものを探してみて下さいね。

まとめ

 

白髪は抜くのはよくないということがお分かり頂けましたか。

 

歳を重ねるとともに髪の毛は量が少なく、そして細くなってきます。

いまはたくさんの髪の毛がある、そして白髪が気になるからと安易に抜いてしまうと、将来薄毛になって後悔するかも知れませんよ。

 

白髪は抜かずに、切るか染める。です!

 

上手に白髪とお付き合いして、笑顔で過ごしていきましょう^^

 

Pocket