Pocket

 

お腹に赤ちゃんがやって来た!嬉しいですね。そんな中でも妊娠中に白髪を染めるのって大丈夫なのかな、、なんて疑問に思ったことはありませんか?

 

妊娠中でも身だしなみやおしゃれに気を遣いたい。

いままでみたいに白髪を染めたい。

 

高齢のママが増えている現代では、そういった悩みを抱えている方は多いものです。

でも、一番に考えるのは赤ちゃんの健康への影響ですよね。。わたし自身も妊娠中の白髪染めについては相当悩みました。

大事な赤ちゃんに万が一何かがあったら嫌ですから。

 

はたして妊娠中に白髪染めをしても大丈夫なのでしょうか。今回は胎児やママの身体に悪い影響を与えずに白髪を染める方法をご紹介していきます。

 

妊娠中に白髪染め、胎児への影響は?

 

妊娠中に白髪を染めると胎児への影響はあるのでしょうか。

結論を言うと、一般的には問題はありません「胎児に影響した」という科学的な根拠はなく、白髪染めをすることによって赤ちゃんに影響があったという報告は確認されていないのです。

ですから、胎児への影響についてはそこまで神経質になる必要はないですよ。

 

しかし実際に妊娠中の白髪染めには、いくつかの問題点があります。

それはというと…

妊娠中は肌が敏感

妊娠中はホルモンバランスの変化によっていつもより肌が敏感になっています。そのため白髪染めの成分が肌に合わず、かぶれたり、炎症を起こしてしまったりすることが…

妊婦には匂いがキツイ

妊娠中はいつもより匂いにも敏感です。特につわりの時期は普段の生活すらままならなく場合があります。白髪染めは匂いがキツイものも多く、途中で気分が悪くなってしまうことも。

お腹の大きな妊婦には体勢が辛い

髪の毛を染めるのにはある程度時間がかかります。大きなお腹で座りっぱなしでいると腰に負担が大きいですし、お腹が大きくなってからシャンプー台で仰向けになるのはとても苦しいです。

 

妊娠中は体形も体質も大きく変わるので、いつも以上に注意してあげないといけないですね。

妊娠中の白髪を染めるときの注意点

では次に、妊娠中に白髪を染める際の注意点を見ていきましょう!

刺激の強い市販の白髪染めは避ける

市販の白髪染めで1剤と2剤を混ぜ合わせるようなものには、アレルギーの原因となる「ジアミン」という成分が入っています。

カラーリングをしたときにピリピリと強い刺激を感じることはありませんか?

その原因が「ジアミン」です。

 

ジアミンアレルギーになっていまうと、頭皮のかゆみ、痛み、赤み、湿疹、顔の腫れなど様々な症状が出てしまいます。

妊娠中の肌は特に敏感になっていますので、「ジアミン」がたっぷり含まれている市販の白髪染めは使用しないで下さいね。

 

ちなみにドラッグストアなどでズラッと陳列されている白髪染めはほとんどこのタイプのものです。

なるべく薬剤を頭皮に付けない

美容院で染めるときには必ず妊娠中であることを伝えましょう。白髪染めの成分は頭皮を刺激しますので、なるべく頭皮には付けず根本ぎりぎりに塗ってもらうようにすれば安心です。

妊娠初期を避ける

妊娠初期はつわりなど体調がすぐれないことが多いので、安定期に入るまではなるべく避けた方がよいでしょう。

 

この3つの注意点に気を付けながら白髪染めを行いたいですね!

妊娠中の白髪対策、具体的な方法とは!?

 

続いて妊娠中の白髪対策としては具体的にどういったものがあるのでしょうか。

ヘアマニキュア

美容院で染めてもらう場合もヘアマニキュアであれば頭皮に薬剤を付けずに髪の毛だけをコーティングしますので、身体への影響はほどんどないでしょう。

ただ、薬剤で髪の毛をコーティングしているだけですので、持ちがあまりよくない点は欠点として挙げられます。

ヘナカラー

ヘナはインド地方で収穫される植物で、天然原料の白髪染めです。化学薬剤が入っていない天然100%ヘナの製品を選びましょう。

天然成分なので、頭皮や髪に負担がかかりませんヘナの色素が髪の毛の痛んだ部分に吸着するのでダメージを受けた髪がつやつやのサラサラ髪に変化するのも嬉しいポイント。

 

ただ欠点としては、染めるのに時間がかかる。匂いが独特。天然染色なので色が選べずオレンジ色のみ、という点などが挙げられます。

無添加のカラートリートメント

家で手軽に使えるのがカラートリートメント。無添加でジアミン不使用のものを選べば、アレルギーを起こす心配もありません。

わたしは妊娠中、美容院でヘアマニキュアをしてもらい、次までのつなぎとして自宅でカラートリートメントを使用していました。

 

市販の白髪染めのように短時間でしっかりと色がつくことはないのですが、何度か連続で使用することによって徐々に色が付いていきます。

トリートメント成分のおかげで髪がつやつやになるのも気に入っています。

白髪隠しのアイテム

白髪染めで色を染めるのではなく、白髪隠しのアイテムを使うのもおすすめ。

ヘアファンデーション、ヘアマスカラ、ヘアスプレー、カラースティックなど様々なアイテムがありますよ。白髪が伸びてきて気になる部分にサッと使用できて便利です。

 

ウィッグを着用して白髪を隠したり、帽子をかぶってしまうのもありですね。

白髪染めと組み合わせて利用してみて下さい。染める頻度が減らせますから、頭皮や髪、身体への負担が少なくなりますよ。

まとめ

 

妊娠中はいつもよりも身体の状態が敏感になっています。妊娠中だから白髪が染められないとあきらめるのではなくて、なるべく身体に負担の掛からない方法で白髪対策を考えてみてはいかがでしょうか。

 

髪の毛がきれいになると気持ちも明るくなりますよね。ママが楽しく過ごすことが、何よりもお腹の赤ちゃんにとっては大切なことです!

白髪と上手に付き合って、楽しい妊婦生活が送れますよう応援しています。

 

 

Pocket